湯の華温泉
高槻市栄町2-21-1


より大きな地図で 湯の華温泉 を表示
15:00〜24:00
無休
中型銭湯
番台式
 駐車場あり
 410円(サウナ込み)

これでもかとミネラル温浴泉

ブックオフ高槻栄店から一本路地を挟んで隣にあります。
このブックオフには何度か来たことがあったのですが、隣が風呂屋だったとはついぞ気づきませんでした。
まだまだ修行が足らぬ。
外観は昔ながらの銭湯、といった雰囲気。
店内も昭和の改装、といった按配で、老朽化のきざしがなくはないですが、気になるほどではなし。
脱衣所、浴室ともにどーん、と広いです。
浴室奥がガラス戸になっており、外に小さな庭が設けられています。
暗くてなにがあるのかはよく見えませんでしたが。
意匠、という意味ではむしろ浴室入り口のガラス戸の方が印象的。
白一色で描かれた人魚のすかし絵が目をひきます。
湯船は巨大な複合浴槽ながら電気風呂から深風呂へとお湯が流れる仕組み。
深風呂から専用の排水溝にお湯が流れ落ちていますが、こちらには蛙も狸もおらず、ものたりないような、安心したような。
シャワーは軟水でお湯はミネラル温浴泉仕様。
やたら鉱石を収めてあるであろう箱が沈んでいます。
これでもかとミネラル。
サウナは昔ながらのスチームサウナなんですが、敷布が独特。
これ、普通は床に貼るフローリング用の建材なんじゃないか、と。
それが腰掛けに敷いてあります。
熱や湿気は大丈夫なんでしょうか。
結構熱を持っていたが。
あと、多分お湯は薪で沸かしているのでは、と思われます。
駐車場に廃材が山積み。
漫然と伝統的に営業するのではなく、あれこれお客にアピールする工夫が見受けられるように思えました。
なかなかに快適な一店。
それなりにお客さんも入っています。
余談ですが、亀岡の湯の「花」温泉とはまるで関係ないようです。
一字違いなのは恣意的なのか、挑戦か。
多分前者でしょうね。
結構気に入りました。
   


 2012.12入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system