大和温泉
大東市北楠の里町22−5


より大きな地図で 大和温泉 を表示
15:15〜24:15 
第2、4月曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場あり
 410円
(サウナ別途50円必要)

トルマリンづくし軟水ぞえでご接待

店の横が駐車場ですが、2台分しかスペースがないので、空いていない可能性もありそう。
まあ、真裏がダイエーなので、近隣にコインパーキングはいっぱいありますが。
店内は微妙に昭和が混在しますが、どことなく明るい印象。
浴室は部分的に改装した様子。
壁はすべて新しくなっていますが、浴槽周りや足元はよく見かける定番のデザイン。
男女を仕切る壁側に、ギリシャ神話に出てきそうな女性を描いた巨大なレリーフが取り付けてあり、ぎょっとする。
なにぶん銭湯なんでさしずめ水の女神か。
ギリシャ神話に水の女神なんて居たかなあ。
いや、ギリシャ神話と決まったわけではないんですが。
モチーフはなんなのか不明ですが、銭湯に似合わず荘厳な感じです。
花月温泉のミロのビーナスみたいなもんか。
とりあえずインパクトはあります。
浴室に奥行きはさほどなし。
どちらかといえば大阪北部では小さい方ですが、色々見るべきところや、工夫のあとがあって、実はこれがなかなか侮れない。
まず、お湯はすべて軟水。
浴槽のお湯なんてトルマリン軟水、と書かれてました。
これは今まで見たことのない複合技。
露天はさらにもう一工夫で竹炭風呂。
説明書きの字がかすれてしまっていてよくわからなかったんですが、おそらく竹炭でろ過したお湯、ということでしょう。
これがまた軟水に負けず劣らず肌あたりが良い。
トルマリンサウナ、と書かれたスチームサウナも独特。
普通なら浴槽と浴槽の間に取り付けられているはずのウオーターベルが、なぜか蒸気発生装置の中にあり、ざるの中に入れられたトルマリンの鉱石にざんざかお湯をかけています。
なんだかすごい絵だなあ、と思う。
よく見ると定番のレイアウトなんですが、微妙にカーブを描いて複合浴槽風に見える湯船の配置も独特。
深風呂の温度が43℃近くあったのも私の琴線をくすぐりました。
なぜか露天が異様に湯温が高く43〜44℃あったのが不思議でしたが、もちろん個人的には大満足。
なかなか飽きさせない風呂屋だと思います。
普通に浴槽に湯をはるだけでなく、それぞれの湯船、設備に意味を持たせることに腐心しているように思う。
結構気に入りました。
これであと水風呂がもう少し広かったらほぼ完璧だったのだが、まあ仕方がないですな。
   


 2013.4入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system