山城温泉
上京区下横町218


より大きな地図で 山城温泉 を表示
15:00〜25:00(日8:00〜)
木曜日定休
中型銭湯  
フロント式 
 駐車場あり
 店内禁煙
 410円(サウナ込み)

暖色系の色合いの浴室は冬場のオアシス

店内はきれいに改装されてます。
私が浴室に入って、おっ、と思ったのは足元のタイルの色。
茶がかったオレンジというか黄土色というか、暖色系なんですね。
壁のデザインもおおむね暖色系の彩色。
新旧含めて京都市内で初めて暖色系の色合いで浴室を彩った風呂屋に遭遇しました。
やっぱり暖色の方が浴室に温かみがあるじゃないか、と実感。
丸型の照明の電球色の光のせいもあるかもしれませんが。
つねづね私は多くの銭湯の浴室が、寒色系か味気のない白色のデザインであることを疑問に思っていたんですね。
なぜ暖色系のデザインがないのか、と。
まあ、なにか理由があるんでしょうけど。
そんな中、こちらの銭湯がなぜあえて暖色系に踏み切ったのか、その経緯はわかりませんが、とりあえず結果として大正解だったと思います。
実に印象的。
そのおかげかどうか断言はできませんが、お客さんもガンガンはいってきてます。
浴室は奥にずいっと広く、なかなか開放感あり。
突き当たりにサウナがあるんですが足元に丸太がごろんと置いてあり、ああこれはおもしろいなあ、と感心。
野放図を装って実はオシャレな感じ。
昔は確か変わり湯が有名でしたが、今でも変わり湯をやっているのかどうかは不明。
不覚にも確認し忘れました。
私がはいった日は薬草湯っぽい匂いで、なにか袋に入って沈めてありました。
まあでも一番インパクトがあるのは露天にある水風呂でしょうな。
半端じゃなく冷たい。
30秒と漬かってられません。
私の前に入ってたオッサンは知らなかったのか、ズブリと肩まで漬かり、引きつったように飛び出して向かいの湯船に飛び込んでた。
水風呂と隣り合わせに露天風呂があるのはそのためか。
いや、知りませんが。
特に目立つなにかがあるわけではないのに記憶に残る一店です。
個人的にはこれで複合浴槽がもう少し大きく湯温が高ければ満点でした。
一度入ってみる価値はあると思います。
   


 2012.10入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system