太秦温泉
右京区太秦多薮町45-2


より大きな地図で 太秦温泉 を表示
15:00〜23:00 
月曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場あり
 410円(サウナ込み)

太秦映画村からはいりにくる有名人とか居たりするのだろうか

思いのほか奥行きがあって広いです。
脱衣所もゆったり。
脱衣所の入り口付近に灰皿が置いてあって、一服つけながら窓の外をのぞめるようになっているのですが、てっきり大映通り商店街に面しているのだと思いきや、小さな庭園が目に飛び込んできてびっくり。
この庭園、外からは見えないようになっているんですな。
こじんまりと石灯籠と池があり、池の中には金魚らしき魚がゆらゆら。
ああこりゃ風情があるなあ、と。
時間がどんどん過ぎていってしまいそう。
浴室はなんら飾ることなくシンプル、といっていいでしょう。
そっけない、といっていいかもしれない。
薄い緑と白のタイルの組み合わせがなんだか無機的。
なぜか電気風呂不在。
これだけの規模の銭湯で電気風呂がない、というのは意外でした。
太秦ではあまりニーズがないのだろうか。
あとはシャワーの勢いがやたら強いのがいい感じ。
これはちょっとなあ、と思ったのが、水風呂の温度。
うーむ、ぬるい。
個人的には夏場にこの温度では不満。
泡風呂仕様になっている面白い水風呂ではあるんですが。
サウナもどちらかと言えばぬるめ。
浅、深風呂もぬるめ。
これぐらいの温度が今のスタンダードなのかもしれませんが、もう少しメリハリがあった方が好みではあります。
なぜか入り口と脱衣所に「温泉と言う屋号ですが、使っている水は水道水と地下水です」との但し書きが。
誰か難癖つけた奴でもいるのだろうか。
京都の銭湯で「〜温泉」、という屋号で、実際に温泉であるところなんて一軒もないぞ。
そんなことも知らぬ奴がいるのか、と。
知らないんだろうなあ。
というか、知らなくてもいいからそういうことを問うのはやめていただきたい、と思う次第。
不粋だから。
庭園の望める脱衣所と浴室の淡白さになんだかギャップがあるようにも感じましたが、大きく問題もなく良い銭湯だと思います。
ちなみに駐車場はボーっと走ってたら見落とします。
その場合、一通なのでぐるりと回りこんでもう1周、という非常に面倒くさいことになります。
誰って、私のことだが。
   


 2012.8入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system