上野湯
北区紫野東泉堂町35


より大きな地図で 上野湯 を表示
15:30〜25:00 
火曜日定休
小型銭湯  
番台式 
 駐車場あり
 店内全面禁煙
 410円(サウナ込み)

狛犬は何を守護するために鎮座するか

脱衣所で服を脱ぎつつふと上を見上げると、なぜかサウナの上に狛犬の石像が。
御神体なのか?
サウナが?
いったい何からサウナを守護するというのか。
さっぱりわからん。
もっとわからないのが対になった狛犬の中央に、でん、とおかれた巨大なテディベア風のぬいぐるみで、もはやここまで来ると民俗学的、宗教学的考察は意味を成さない。
全くもって不可解なレッツゴー三匹としか言いようがない。
これまた銭湯マジックか。
ひたすらシュール。
勝手な想像だが、たとえばお孫さんあたりからご主人に進呈されたとか。
「おじいちゃん、これ、真ん中に置いたらかわいいと思うの。大事なものだけどおじいちゃんのお風呂のためにあげる」
ああ、これは孫が小さい頃から大事にしているぬいぐるみではないか、と。
困惑するも目に入れても痛くないかわいい孫の無茶ぶりを拒否できず、ひきつりつつも中央に置かざるを得なかったとか。
いや、しりませんけど。
でもそれぐらいの理由がないとこの構図はありえないと思うのだ。
浴室はこぢんまりとしながらもきれいに改装。
ちょっと凄かったのがその狛犬が鎮座するサウナで、足元のタイルはきれいなのに、背もたれや壁の木枠がもう原子に戻りかけてました。
他はきれいなのにそこだけ老朽化、というのがよくわからない。
あえて交換しない、なにか願かけ、ジンクスみたいなものでもあるのだろうか。
色々不可解な一店でした。
それゆえ逆に印象に残った、ともいえますが。
お湯は43℃くらいでちょうどいい感じ。
   


 2012.7入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system