竹の郷温泉
西京区大原野東境谷町2-4


より大きな地図で 竹の郷温泉 を表示
10:00〜23:00(最終受付22時)
9/25、26、27定休
ホテルの浴場施設
フロント式 
 駐車場あり
 ウェブサイト
 平日800円 土日祝1000円

これでもかと温泉

ホテル京都エミナースの浴場施設を一般にも開放したもの。
さて私は普段スウェットだったりジャージだったり、誰が見ても結構なレベルでみすぼらしい格好でもって銭湯を巡っているわけですが、さすがにここはちゃんとした格好で出かけねばならないか、と家を出る前にいささか悩みました。
だって一応ホテルだからなあ。
ノーネクタイはちょっと、などといわれたらどうしようか、と。
ま、結局いつもどおりの格好で出かけたんですけどね。
まさかホテルのフロントで、大人1枚、などと入浴券を買うことはなかろう、と考えていたのですが、予想通り、浴場の入り口は別。
普通のスーパー銭湯と同じです。
ホテルというより、どちらかといえば地方の温泉施設っぽい雰囲気。
軽食コーナーとかあったりします。
浴室はどーんと広いですが、いささか殺風景。
まあでも最近の新しい銭湯はみんなこんな感じか。
浅風呂が恐ろしく広く、ほとんど小学校のプール状態。
子供は間違いなく泳ぐと思う。
ま、でもここの最大の売りはやはり温泉でしょうな。
湯船はもちろんのことカランやシャワーまでも温泉水。
これはうれしい。
つるつるになります。
単純温泉らしいですが、軟水に近い質感。
水の硬度が低いようです。
個人的に不満だったのはサウナと水風呂が狭かったこと。
特にサウナをなぜこんなにも小さく設計したのか、その意図が良くわからない。
後はやっぱり湯温か。
みんな気にならないのでしょうけど、私の場合、41℃平均、というのはいかに温泉といえどもさすがに体が温まらない、と思った次第。
とはいえ部分的に温泉とかではなく、全部温泉で水道水使用なし、という施設は京都市では他にないように思うので、そういう意味では貴重だと思います。
そこに800円の価値を見出せるかどうかですな。
ちなみにこちらの施設、周期的に入浴サービスを実施していて、料金が時々650円になったり500円になったりします。
詳しくはエミナースのサイトで確認を。
   


 2012.11入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system