新町温泉
寝屋川市萱島東2-2-10


より大きな地図で 新町温泉 を表示
14:30〜25:00
水曜日定休
大型銭湯
フロント式
 駐車場あり
 410円
(サウナ別途90円必要)



軟水炭酸泉に悩殺

京阪温泉を超えて萱島中央商店街をずんずん行くと左手にあります。
巨大な「ゆ」の文字と電飾で、夜でもすぐにわかると思います。
暖簾をくぐると広いロビーにフロント。
比較的近年の改装っぽい。
浴室がこれまたどーんと広い。
奥がどうなってるのか入り口からはよくわからないぐらい広い。
いやまあおおむね湯気のせいだったりはするわけですが。
久しぶりに遭遇した大型銭湯。
設備も充実。
サウナに加えスチームサウナ、ジェットバス2槽に打たせ湯3機。
最大の売りはやはり大阪初、と謳う軟水+炭酸風呂か。
確かに軟水を炭酸風呂にする、という発想は余所で見かけたことはない。
なんだかもう凄すぎていったいどういう製造工程になっているのか、釜場を見学したいぐらいだ。
ここぞとばかりじっくり漬かる。
お湯の温度はさほど高くないのに、やたら温まることは確か。
つるつるのぽかぽか。
多分1Fの湯船は全部この軟水炭酸泉だと思う。
ちょっと笑ったのがスチームサウナ。
スチームが濃すぎて室内の様子が全くわからない。
誰か座っていても気づかないぐらい濃い。
先客の膝の上に座らないよう注意。
よくわからなかったが岩塩と四季風呂の貼り紙。
岩塩が一体どこで使われているのか不明。
四季風呂もどの浴槽を指しているのかよくわからず。
2Fは露天。
なんとも独特の空間。
天井はほとんどが覆われていますが、壁三面に山々と萱葺き小屋、水車を描いた巨大なタイル絵が。
反対側はステンドグラス風の嵌め込みがあり、多分昼間はここが1Fの採光窓になるのだと思う。
何故か湯温は1Fより低め。
漢方風呂の匂いが鼻腔をくすぐります。
いやもう1時間ぐらいでは全て堪能できません。
私は1時間40分ぐらい居座って完全にふやけました。
充実の一店、といって良いと思います。
幾分設備をどのように割り振るか、配置するか、で迷いがあるようにも思えましたが、そこまで要求するのは酷というものでしょう。
文句なし。
街の銭湯としてどうお客さんを集めるか、をきちんと考えて形にしている、と思いました。
気に入った。
   


 2013.1入浴

4ヶ月ぶりの入浴。
前回岩塩の張り紙がよくわからない、と書いてますが、一番奥のジェットバスは、
実は変わり湯だったようです。
今回カモミールだかなんだか横文字のお湯でした。
失礼。
変わらず快適です。

 2013.5入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system