島原温泉
下京区西新屋敷中堂寺町69


より大きな地図で 島原温泉 を表示
16:30〜24:30 
金曜日定休
小型銭湯  
番台式 
 駐車場あり
 410円(サウナ込み)

観音様の見守る岩風呂に仰天

一方通行だらけで到着まで結構うろうろさせられました。
五条通りから行く方がわかりやすいかも。
このあたりは元遊郭なだけあって、街並みも独特です。
突然島原大門や神社に出くわしてどきり。
いや、さすがに夜はなにやら怖いですよ。
あんまりなじみがないからなあ。
ま、それはさておき、この規模の銭湯で駐車場を常備している、というのがまず好感触。
店内も思いのほかきれいで現代的です。
浴室に入って目をひくのは湯船に沿って貼り合わされた壁側の石垣。
中央に配置されたミニチュアの石灯籠の下からじわじわお湯があふれてくる仕組みがなにやら和風にコケティッシュ。
サウナも壁に取り付けられた照明が妙にレトロで、昭和を飛び越えてモボ・モガの時代をイメージさせたりもした。
ま、でも私が一番驚いたのはラジウム温泉浴と書かれた薬湯で、これ、岩風呂を模してあるんですが、なんとその外壁の頂点に体長15センチほどの観音様の像が。
いや、焦った。
観音様の御前で肌着1枚身にまとうことなく、見苦しいものをブラブラさせてていいのか、と。
私は無宗教、無信心な風呂バカ野郎ですが、さすがに偶像崇拝を鼻で笑うほどラジカルではありません。
仏罰の二文字が脳裏を去来。
思わず前を隠しそうになりました。
さらにこれは近眼ゆえあまり自信がないのですが、観音様の右斜め下の岩石がどうみても人面石。
なんでしょう、聖痕現象とか、マリア様の銅像が涙を流すとか、その手の超常に近い部類の事例なんでしょうか、これは。
主たる湯船より、何故かラジウム温泉の方が温度が高かったので、好んでラジウムに浸かっていたのですが、観音様と人面石が気になって、どうにも落ち着けない始末。
ま、常連さんと思しきオヤジはまるでそんなことを気にするそぶりもなく観音様の前でケツをぼりぼりかいて、人面石に寄りかかってましたが。
いやあ、何かと刺激的な島原温泉でした。
浴室に観音様を配置するご主人だか、おかみさんだかの意図はさっぱり読めませんが、機能的に改装されつつも、遊び心、視覚効果を忘れない店作りは感心しました。
至近距離に誠の湯が近年開業しましたが、負けずにがんばって欲しい、と思う次第。
お湯はぬるめ。
ちなみにこちらの銭湯で使われている地下水は長時間電磁分解し、イオン水とやらにしてあるそうです。
   


 2012.7入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system