千成温泉
寝屋川市池田本町4-27


より大きな地図で 千成温泉 を表示
16:00〜23:30 
第1、3木曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場なし
(近隣コインパーキングあり)
 410円(サウナ込み)

巨大なタイル絵に心酔

スーパー玉出寝屋川店の角を北へ進めば左手に発見できます。
店の真隣がコインパーキングで車派にも便利。
外観は過ぎていった年月を感じさせる年季の入り方ですが、店内も同様に昭和が香ります。
どちらかといえばこりゃレトロ銭湯か、と。
寝屋川市では初遭遇。
浴室も経年を感じさせる内装。
タイルが変色していたり、欠落していたり。
寝屋川市には珍しく、中央に湯船があるレイアウトで、なんとなく京都の古い銭湯を思い出したりもします。
圧巻なのは浴室奥のタイル絵。
ほぼ壁一面を使って富士山をバックに幾筋もの滝が流れ落ちる風景が描かれていて、いうなれば富士樹海の大瀑布といった構図。
本当に富士山周辺にこのような光景があるのかどうかは知りませんが、かなりインパクトがあります。
そのタイル絵を囲むように自然石が岩風呂風に設置してあるのもなかなか巧みな演出だ。
これは相当好事家の食指を刺激することと思う。
個人的には湯船ごとに温度差があったのが好感触。
特に深風呂はきっちり44℃はあり、私の脳内アドレナリンが大騒ぎした。
不思議だったのは洗い場の鏡の位置。
スペースがないわけではないのになぜか足元から150センチぐらいの位置に設置してあります。
実に見にくい。
正直、これはそろそろ手を入れたほうがいいなあ、と思える部分もありましたが、タイル絵の凄みもあり、思いのほか快適に過ごせました。
逆にスーパー銭湯に慣れ親しんだ人に一度、この銭湯を訪れてほしい、と思ったりもしました。
スーパー銭湯が置き去りにしてきたものがここにはあります。
   


 2013.3入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system