山水温泉
茨木市大住町2-3


より大きな地図で 山水温泉 を表示
14:00〜25:00
金曜日定休
中型銭湯
フロント式
 駐車場あり
 脱衣所禁煙、ロビー分煙
 410円(サウナ込み)

トロンサウナと軟水で極楽

15号線を走っていると派手にネオンが光ってるのですぐにわかります。
店構えがこれまた派手。
湯、と書いていなければエステかなにかと勘違いしそう。
夜道を緑色の看板の灯りがこうこうと照らしていて、ぎょっとする。
ロビーの全貌が総ガラス張りで外側から丸見え、というのもすごい演出だと思う。
開かれた銭湯、ということなのか。
いや、しりませんが。
建物自体を近年大改装したのでは、と推察。
昔ながらのひなびた銭湯のイメージを払拭しようとしているように思える。
ロビーや脱衣所に置かれているソファーもなんだかゴージャス。
破れてたが。
脱衣所と浴室の間に小ぶりな庭園もあり。
石灯籠や植物で彩られているんですが、なぜか植えられているのがヤシ。
灯篭とヤシ?
和風なのか南国なのかどっちなんだ。
浴室も建物同様きれいに改装されていて清潔感あり。
目をひいたのはトロン、と書かれたサウナ。
普通にスチームサウナなんですが、スチーム発生機器とは別にトロン噴出孔が室内に設けてあり、そこからもなにか出ている様子。
多分トロン鉱石が使われているのだと思いますが、但し書きによると13秒で呼気から体内にしみわたるのだとか。
なんだかちょっと怖いが俄然テンションがあがってきた事も事実。
10分程度はいるのが良い、と書いてあったので、時計とにらめっこをしながらここぞとばかりぐっと辛抱する。
これはいい、と思ったのが露天に設けてある打たせ湯。
水が飛び散らないようにカーテンで囲む配慮もさることながら、ジェットの勢いが半端じゃなし。
首がもげるかと思った。
嘘です。
肩こり持ちには最高に気持ちが良い。
使われているお湯が軟水というのもいい。
シャワーの方は多分地下水だと思うが、そういわれれば湯船のお湯は若干ぬめりあり。
浴槽ごとに温度差があり、深風呂が43℃届くか届かないかぐらいの熱さなのもいい。
いや、これはかなり高いクオリティにある銭湯だ。
近隣に極楽湯が出来たのでさぞかし苦戦していることだろうなあ、と勝手に思い込んでいたが、苦戦どころか全然負けてないと思う。
個人的には極楽湯よりこちらの方が好きです。
あちこちに貼られた注意書きがいささか多すぎてくどいのが若干カンにさわるが、この規模でこれだけ手の込んだことをしている銭湯は京都市、枚方、高槻でもあまり見かけません。
気に入りました。
もう少し近ければ通うのだが。
   


 2013.1入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system