栄湯
中京区西ノ京伯楽町


より大きな地図で 栄湯 を表示
15:00〜23:00 
月曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場あり
 脱衣所分煙
 410円(サウナ込み)

昔ながらの街の銭湯

駐車場は店の隣にあります。
浴室内は部分的に改装されてますが、色濃く昭和。
サウナは結構きてます。
湯船も相当年季がはいってます。
ひょっとしてメンテナンスの問題かもしれません。
おや、と思ったのが浅風呂で、ちょくちょく見かける底に鯉が泳いでいる図案なんですが、なんだかここは底のタイルの青色が濃ゆいなあ、と。
それが鯉を不思議に際立たせていて、古いのに妙に鮮烈な印象を受ける。
なんだか本当に池の中をのぞいているみたいな。
さてこれは老朽化のマジックなのか、それとも湯船が新しいときはもっと素晴らしかったのか。
わかりません。
目をひくのは突き当たりの壁に飾られたガラスにはめ込まれた巨大な絵。
しかしながらガラス自体が古びてしまっていて何が描かれているのかよくわからず。
さらにその絵の下に出窓風に小さなスペースが穿たれているのですが、そこになにか飾ってあるのはわかるものの、なにが飾ってあるのか、これまたガラスが汚れてしまっていてよくわからず。
ひょっとすると以前は浴室はアートな空間だったのかもしれません。
お湯はけっこうぬるめ。
なのに水風呂は脳天がしびれるぐらい冷たいです。
宝湯クラス。
ひとつ気になったのがハンドシャワーのホースで、水垢で黒く汚れたまま放置されている状態。
これは掃除していただきたい、と思う。
たったそれだけのことですべてが不潔に感じられたりするもんなんです。
やたら巨大なジェットバスが個人的には一番気に入りましたが、そろそろこの浴槽は限界では、と思ったりもした。
   


 2012.8入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system