2013年11月、閉店しました

栄湯
左京区高野蓼原町8


より大きな地図で 栄湯 を表示
15:40〜22:00 
月、金曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場なし
(近隣コインパーキングあり)
 店内全面禁煙
 410円(サウナ込み)

麦飯石温泉でほっこり

建物と建物の間に挟まれた細い路地を通り抜けた先に入り口があります。
道路脇には大きく麦飯石温泉、と看板が。
なにかと期待させるものがありますが、麦飯石は濾過フィルターとして機能し、ミネラルを放出する鉱石だから、要はミネラル温泉浴、ということですわな。
浴室は部分的に改装されてますが、昭和を引きずる雰囲気。
目をひくのは水風呂奥に穿つように設置された甕を持った女性の石像で、ま、水吐きとして設置されているわけですが、なんだか神々しい感じ。
最初は女菩薩様かと思った。
いやはや島原温泉じゃあるまいし。
飾り方がなんとなく地方の民間信仰っぽい。
そんな意図はないんでしょうけど。
で、肝心の麦飯石温泉ですが、それらしきものは見当たらなかったので、多分循環濾過装置の中に麦飯石が組み込まれているのでしょう。
そういわれればあまり塩素の匂いがしない、程度。
お湯が結構ぬるめなので、目立ってなにか効果を実感、ということは私の場合ありませんでしたが、冬場ならまた違う感触を得たかもしれません。
お客さんは結構はいってます。
これだけお客さんが入っているのに以前より営業時間短縮で22時閉店なのか、と少し暗澹たる気持ちにもなりましたが、ま、それぞれ事情があるのでしょう。
どっちかというとレトロ銭湯、なんでしょうが、うらぶれた感じはなし。
個人的にはせめてあと1時間閉店が遅ければ、また来るのに、といったところでしょうか。
   


 2012.9入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system