竜宮温泉
上京区主税町1055


より大きな地図で 竜宮温泉 を表示
 15:00〜23:00
 木曜日定休
 中型銭湯
 フロント式
 駐車場あり
 脱衣所禁煙
 410円(サウナ込み)

充実の設備と広い湯船に大満足

2012年12月に全面改装。
私が入浴したのは改装後1週間程度の後。
さすがに高い清潔感があります。
あたりまえか。
どこもかしこもぴかぴかで実に気持ちが良いです。
中途半端に、部分的に改装しました、ってな状態でないのが良い。
10年ほど前に一度入ったっきりなのであまり記憶が定かではないのですが、浴槽の位置が変わってます。
確か以前は中央にあったはず。
それが男女を仕切る壁側に寄ってます。
形も独特。
切り分けたパイのようというか、扇型というか。
私が感心したのは複合浴槽にもかかわらず、ゆったりと広いこと。
この規模の銭湯でここまで大きい湯船は珍しい、と思う。
のんびり手足を伸ばせます。
さらに複合浴槽の奥にはマイクロバブル風呂らしき白濁色のジェットバスが。
これがまた実に気持ちが良い。
サウナは通常のサウナとミストサウナの2基配備。
そして注目が浴室入り口の横に設けられたクールダウンベンチと名づけられた腰掛け。
ほら、背もたれをお湯が流れる例のやつですよ。
さてこの装備、正式名称はなんというのか、さっぱりわかりませんが、スーパー銭湯ではよく見かけますな。
おそらく街の銭湯では初登場。
さらにこのベンチ、優れモノなのが水とお湯が選択でき、しかも自分で蛇口を開閉できる仕組みになっていること。
これはうれしい。
しかし浴室入り口横のデッドスペースをこのように利用する手があったか、と刮目する思いだ、私は。
総じて、既存の銭湯のレイアウトにとらわれない自由さを模索した浴室だと思います。
浴室内のタイルが暖色なのも温かみがあって良し。
何故か水風呂の給水口がとってつけたように徳利の形をしていたが、ありゃなんなんでしょうか。
なにか意味が?よくわからん。
脱衣所に加湿器を置く心配りも良し。
お湯が43℃に届くか届かないかぐらいの熱さなのも良し。
いや、予想以上にハイクオリティです。
見た目をごまかす延命措置ではなく、この先も銭湯を続けていくために良い風呂を客に提供する、といった気概が透けて見える。
気に入った。
このクラスの銭湯では最強の部類だと思います。
   


20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system