2014年3月、閉店しました

ニュー寿温泉
枚方市都丘町17-33


より大きな地図で ニュー寿温泉 を表示
15:00〜23:30
水曜日定休
中型銭湯  
フロント式 
 駐車場あり
 410円(サウナ込み)

軟水と四段がまえの流れるお風呂で大満足

「新」だの「ニュー」だのややこしいわ!といいたくなる屋号ですが、お店の場所も「新」の比較的近所に存在。
もともと寿温泉、というのがあってそこから暖簾分けで二つにわかれたのか、それとも極真空手のように分派したのか、真相はわかりませんが、私自身いちいち調べるつもりもなく、ああなんだか大阪らしいなあ、と。
「ニュー」って、銭湯に横文字ってのがさすがだ。
いや、好きですけどね。
本当にこんな狭い道の奥に銭湯があるのか?と疑問になるような隘路を抜けていった先にお店はあります。
駐車場は店の前。
暖簾をくぐるときれいに改装されたロビーがあり、その奥に脱衣所。
ロビーはともかくとして脱衣所から浴室にかけては昭和が香ります。
意味なく豪華な照明なんぞ備え付けてあって、ああこれぞまさに昭和の派手がましさだなあ、と。
なんだか微笑ましい。
浴室はどーん、と奥行があって広いです。
引き戸を開けてすぐに結構ゴージャスなかけ湯の湯だまりが。
街の銭湯でなかなかここまではやらないと思う。
私の目を引いたのは奥から手前に4槽設置された湯船で、一番手前の深風呂まで順番にお湯がオーバーフローして流れていくんですな。
枚方にはこの手の「流れる風呂」が多いですが、4段がまえはここだけ。
なんだか意味なくテンションがあがる。
浴室奥の壁に描かれた滝のタイル絵も圧巻。
また、カランのお湯はうれしい軟水仕様。
これはひょっとしてかなりいいのではないか、と長湯になりそうな予感に喜び震える。
水風呂は相当冷たい部類。
1分が限界です。
なぜか水風呂の前に冷水シャワーが2基設置してあるのもなんだが贅沢だ。
露天が故障していて入室できないようになっているのと、お湯が最高42℃くらいで幾分ぬるめに感じられたのが残念でしたが、なんだか異様に気に入った。
お湯の温度にこだわる私にしては珍しい現象。
投書箱が設置されている謙虚さも素晴らしいと思う。
立地的に不利かと思える部分はありますが、是非一度は入浴して欲しいと思う、管理人枚方一押しの銭湯。
   


 2012.12入浴

約半年ぶりの入浴。
4段がまえの流れる風呂は健在。
水風呂もキンキンに冷たくて激しく心拍数も乱れんばかり。
何故か脱衣所のベンチで子供がフルチンで寝てた。
風邪引くぞ。

 2013.5入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system