2015年、閉店しました。

ニューいなり
左京区下鴨宮崎町12-20


より大きな地図で ニューいなり を表示
15:00〜24:00 
火曜日定休
中型銭湯  
フロント式 
 駐車場あり
 脱衣所禁煙
 410円(サウナ込み)

オーバーフローする水風呂におおはしゃぎ

1階フロントで料金を払って、2階が男湯。
きれいに掃除されてはいますが、階段や廊下に敷かれたカーペットはいささか古びてきています。
それは浴室にも言えていて、現代的に改装されてはいるものの、微妙にほころびが出始めている様子。
こちらの銭湯の場合、改装に着手されたのが余所に比べて相当早かったのかもしれません。
とりあえず、この内装で塩ビの配管がうねうねと壁をはうのは恐ろしく似合わない。
多分カランのお湯だか水になにか不具合があったのでしょうけど、他がきれいなだけに異様。
1箇所気になりだすと、間接照明の球が切れているのや、天井の老朽化ぶりなんかもにわかに気になりだしてきてあんまりよろしくない。
思いのほか広くて開放感のある浴室なだけに惜しい。
これはいい、と思ったのが水風呂のオーバーフローかけ流し。
いやもうじゃんじゃんあふれてます。
あふれ出た冷水は結構な距離を流れて浴室入り口の排水口へ。
なので知らずに浴室に踏み込むと、まず冷水の洗礼を受ける羽目になります。
これはひょっとしてはいってきたお客さんの足を洗う、という役割も同時に果たしているのかもしれない。
冬場は思わず声が漏れてしまうかもしれないが。
水風呂が大きめなのもよし。
結構長時間戯れてしまいました。
あとはジェット式の打たせ湯が肩こり持ちな私にはありがたい。
全体の雰囲気はなんとなく京乃湯に近いものもあります。
設備は充実の上、機能的できれいですが、なんだか微妙に隙もある感じはご愛嬌と見るべきか。
お湯はぬるめ。
近かったらちょくちょく通うかもしれません。
   


 2012.8入浴

約1年ぶりの入浴。
何も変わっておりません。
夏場、やっぱりここの水風呂は爽快だと再認識。

2013.8入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system