畷の里温泉
四條畷市大字砂281番地2


より大きな地図で 畷の里温泉 を表示
10:00〜25:00
無休
スーパー銭湯
フロント式
 大型駐車場あり
 平日650円 土日祝750円

独自路線を行く異色のスーパー銭湯

おそらく鳥飼の里温泉と同系列店。
とりあえずカラオケ喫茶やゲームコーナー、卓球台等、施設内にあるのに驚いた。
どこの地方の温泉宿か、と。
四条畷市には遊ぶ所がないのか、って、そんなはずはあるまい。
なかなか芳ばしく薫るセンスだ。
浴室はちょっと小ぶりながらもスーパー銭湯らしい体裁は保っている。
珍しいな、と思ったのは冷凍サウナの存在。
かまくら、とネームプレートが貼ってありましたが、確かにある意味でかまくらかも。
ほてった体が一気に冷えていいですが、腰掛がほしかったところ。
いい大人がフルチンで数人立ちっぱなしでうろうろ涼んでいるのは絵的に変。
私が感心したのはサウナの腰掛用のマットで、入り口横にまとめて積んであるんですが、なんとマット置き場自体に上部の水道管から直接シャワーが流れ、自動洗浄できる仕組みになっているんですな。
これはなかなかの気配り的サービスだ、と思った。
余所で見たことがありません。
あと、目をひいたのが人間洗濯機の亜流とでもいうべき回転式の流れる風呂でしょうか。
ま、これも人間洗濯機同様どう楽しめばいいのかよくわからない代物であったりはするんですが。
個人的にはミルキーバス風の炭酸風呂がなかなか快適。
鳥飼の里同様、源泉かけ流し、と書かれた30℃ぐらいの低温風呂がこちらにもあり、これも全身が弛緩する気持ちよさです。
スーパー銭湯には珍しく富士山のペンキ絵が飾ってあるのも感心した。
ちょうどそれを真正面から眺める位置にある浅風呂を富士見風呂と名づけるセンスはなかなか好きです。
ヒマラヤ岩塩風呂があるのも共通してますな。
ちょっとよく意味がわからなかったのが宝石風呂、と書かれたつぼ湯で、ヒスイとトルマリンがあるんですが、これは巨石をくりぬいた風に見える浴槽がヒスイとトルマリンでできている、ということなんでしょうか。
相場はわからないが、ヒスイってそんなに安いものじゃないと思うのだが、さて。
とんでもなく高価な風呂に入ってきたんでしょうか、私は。
総じて田舎っぽい施設経営戦略が気になったりもしますが、風呂自体はなかなか充実の一店。
差別化、という意味では独自路線を行ってるように思います。
ちなみに泉質はアルカリ性単純温泉。
ちょっと塩素がきつ目か。
 


 2013.4入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system