もなこの湯
宇治市大久保町田原76-2


より大きな地図で もなこの湯 を表示
10:00〜26:00 
無休
スーパー銭湯  
フロント式 
 大型駐車場あり
 脱衣所禁煙、館内分煙
 500円(サウナ込み)

格安な入浴料と深夜までの営業が魅力

宇治市のみならず、京都府下を見回しても相当に早い時期にできたスーパー銭湯だと思う。
ひょっとすると初めて京都にできたスーパー銭湯かもしれない。
まあ内実はスーパー銭湯というよりは大型銭湯、といった感触ですが。
私が初めて行ったのは2009年ぐらいだったのですが、正直寂れておりました。
遅い時間でもないのに浴室には客が3、4人。
おいおい大丈夫なのかこの店、と思った記憶がある。
脱衣所のロッカーはぼろぼろだし、設備も老朽化。
いまどき人間洗濯機が鎮座しているのにも驚かされた。
スーパー銭湯も古びていくのだ、という概念が私の中になかっただけにこの光景は軽く衝撃でした。
ロビーも、寝転がってるむさくるしいじいさんだらけでなんだか怪しい雰囲気。
こりゃ長くはないかも、と正直思った。
ところが2011年、突如リニューアル。
おおむね手が入ったのはロビーやお店の雰囲気作りで、浴室はあまり変わってなかったりするのですが、はいってびっくり、人だらけ。
突如人気店に。
昭和レトロ銭湯というコンセプトの元に昭和グッズをあれこれ店内に飾るのが功を奏した、とは思えませんが、とりあえず、うらぶれた雰囲気は解消してました。
浴室で変わったのはあかすりが併設されたのと、深風呂がトルマリン風呂になったのと、露天が半分寝風呂仕様になったぐらい。
ああ、サウナでロウリュウをうちわであおるサービスが始まったか。
大規模な改装は特にないのになぜこんなに人が集まるようになったのか、個人的には不思議でなりません。
実は多くの人は設備云々より、雰囲気につられて行動するものなのかもしれません。
どちらにせよ、これだけたくさんの客が来るようになったのだから、経営者はクレバーだった、ということなんでしょうなあ。
改装前からのここの特色は、シャワーの水流の強さ。
もうノズルが外れんばかりの勢いで噴出。
多分京都府下最強。
ここより強力なシャワーは見たことがありません。
後は露天にあるジェット式の打たせ湯が肩をえぐらんばかりの勢いでほとばしってるのが好きだったのですが、なぜか改装後水流が弱めになって残念。
まあでも最大の魅力はやっぱり料金でしょうな。
500円で駐車場も完備でサウナもOK、というのはかなりお得感があります。
宇治周辺の銭湯はサウナ別料金で駐車場のないところが多いですから、下手をすると1回の入浴で500円以上になってしまうこともままあるんですね。
だったらもなこの湯でいいか、ってどうしたってなる。
遅くまでやっているのも魅力。
個人的にはもう少し湯が熱めだったらもっと足を運ぶのですが、スーパー銭湯はどこもこんなものか。
使い勝手の良い銭湯だとは思います。
   


 2012.2入浴

ほぼ1年4ヶ月ぶりの入浴。
おおむね変わってませんが、浴室に入って左側の洗い場の配管が、
不具合があったのか、外側に塩ビを這わせて代用する形になってました。
おかげで親の敵並みの勢いだったシャワーの水流が普通の強さに。
残念。
ただ浴室に入って右側の洗い場のシャワーはこれまでどおり怒涛の勢いです。
あと、サウナでロウリュウのサービスがあるんですが、店員がうちわで扇ぐ際に、
なぜかサウナにいた全員が手拍子。
いつの間にこのようなお祭り騒ぎが常態化したのか。
うーむ、ノリについていけない。
あと、浴室奥に富士山を背景とした巨大な大瀑布を描いたペンキ絵が設置されてました。
現在日本で2人しか存在しない背景画絵師の中島盛夫さんの筆によるものらしいです。
圧巻。

2013.6入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system