宮方温泉
大東市大野1-5-15


より大きな地図で 宮方温泉 を表示
15:00〜24:00
月曜日定休
中型銭湯
フロント式
 駐車場あり
 410円
(サウナ別途50円必要)

きれいに改装された現代的銭湯

夜行くと、ガラス張りな店内からこうこうと明かりが漏れていてなかなか目立ってます。
隣はコインランドリーで駐車場は店の前。
入り口から脱衣所まで全面的にきれいに改装されていて高い清潔感あり。
浴室も部分的に古い意匠があったりしますが、おおむね大部分を改装。
一言で言うならヘルシーバス千里丘古川橋温泉系。
レイアウトもほぼ同じです。
中二階にサウナ。
人間乾燥機が脱衣所にあるのまで同じ。
それほど広い浴室ではありませんが、規模を工夫で補おうとする方向性も同じですな。
シャワーのお湯は軟水。
ジェットバスのお湯も軟水。
まあ、これは別にバスクリンでもよかった。
スチームサウナの蒸気発生装置にはなぜかウォーターベル。
大和温泉ではこのウォーターベルのお湯がトルマリンにかかっていたわけですが。
私が感心したのはサウナで、3人がけの年季のはいった狭いサウナにもかかわらず、濃い木の匂いがするんですね。
きちんと匂い対策をしているということ。
これはなかなかできないことです。
圧巻は露天風呂か。
そんなに広くはないんです。
完全に一人用の岩風呂仕様なんですが、のそりと湯に漬かって夜空を見上げると、奥の壁側に、アーチ状のデザイン画の上に飾られた、巨大なドレス姿の女性が描かれたレリーフが。
どこの宗教施設か、といいたくなるような荘厳さがそこはかとなく漂っております。
多分これは神話の女神か何かを題材にしているのだろうけど、誰が描かれているのかは全くわからず。
それにしてもなかなかのインパクトだ。
私は夜空よりもそちらにしばらく見とれてしまった。
近眼ゆえ判別つかなかったんですが、ひょっとしてこれ大和温泉とおなじレリーフなんだろうか。
なんだか記憶も不確かでよくわかりません、すいません。
あともう一工夫二工夫あってもよかったかな、とは思いましたが、露天の印象の濃さもあり、なかなか快適でした。
お湯はぬるめ。
質の高い一店。
   


 2013.5入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system