温泉
伊賀市上野西町3363


より大きな地図で 丸万温泉 を表示
15:00〜21:30 
金曜日、25日定休
小型銭湯  
番台式 
 駐車場あり
 サウナなし
 380円

昔ながらのレトロ銭湯

さてこの屋号はいったいなんと読めばいいのか、まるまん温泉か、それともまんまる温泉か、それともちょっとひねってまんじるし温泉とか、よろずがこい温泉とか、もちろん看板にフリガナがうってあるはずもなく、今もって不明。
組合に聞けば多分わかるんでしょうけど、まあ、そこまでするほどのことでもないか、と。
番台で聞けばよかったんですけどね、番台のばあちゃんが女湯で話し込んでいたものだから、なんとなく聞けずじまい。
店内は濃厚にレトロです。
おお、きたきたってかんじ。
あれこれすばらしく年季がはいってます。
特に考えなしにあちこち観察しながら脱いだ衣服をロッカーに入れようとしたのですが、これがいざ押し込んでみると籠がつかえてはいらない。
しまった大津市式だったか、と。
常連と思しきじいさんの無遠慮な目線をなにげにかわしながら籠の中身をロッカーに入れなおす。
ええ、一見ですとも、それがなにか?
浴室内もシンプルかつレトロ。
いささか浴槽のレイアウトが妙な感じですが、滋賀県のどこかで遭遇しなかったか、といいたくなるような雰囲気です。
しかしながら浴槽の上がり口には大阪風の段差が。
やはり伊賀市の銭湯の造りは大阪の影響下にある、と見ていいようです。
おや、と思ったのが洗い場に排水溝がないこと。
流れたお湯は点在する排水口に流れていきます。
これも大阪で確か、2軒ほど見た記憶がある。
総合的に特にこれといって広くアピールするものはないように思いますが、お湯はきっちり43℃はあり、年月を経ていること以外に大きく気なる部分もなく、これで380円なら個人的には充分満足。
この規模で駐車場がある、というのにも感心しました。
周辺の町並みの独特さに感化されたのか、なんだかひどく遠くに来たような気がした一店でした。

* Google mapの表記では丸万温泉となってました。
   


 2013.10入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system