くらま温泉
左京区鞍馬本町520


より大きな地図で くらま温泉 を表示
10:00〜21:00(冬季20:00)
無休
旅館の浴場施設
フロント式 
 駐車場あり
 ウェブサイト
 全日 2500円 
露天風呂のみ 1000円



露天風呂見取り図です
ロケーションの凄さと温泉を満喫

閉館時間の早さ、及び場所が場所だけになかなか出かける都合がつかなかったんですが、今回ようやく入浴。
鞍馬山へ行く、なんて本当に久しぶりだ。
20年ぶりぐらいに叡山電鉄鞍馬線沿いの道を車で走りました。
街並みがかつての様子と全然変わっていて混乱。
いつの間にこのように道が整備されたのか。
記憶と風景が合致せずウロウロと迷う。
さすがに鞍馬は遠い、と実感。
はっきりいって山の中です。
鞍馬寺を通り越して付近の民家が途切れた先に施設は存在。
ちなみに最寄の駅は鞍馬駅になるわけですが、鞍馬駅からは無料送迎バスが出ているらしいです。
叡山電鉄に乗って、駅から無料送迎バス、というのが行き方としては一番正解かも。
しかしいつも思うが叡山電鉄はよくこの様な山中に線路を通したものだと思う。
需要はあるんだろうか。
やはり参詣、行楽のための路線なのか。
一度乗ってみたい、と思いつつまだ一度も乗ったことなし。
今回乗ればよかったのに、と後から思った次第。
完全に余談でした。
敷地内に入って北側が本館、南側が別館露天風呂。
本館内風呂と露天風呂両方を満喫するコースだと2500円という正気とは思えない金額を請求されるので、露天風呂のみのコースを選択。
てくてく歩いていくと露天風呂に向かう階段の途中でガードマンの詰め所みたいなボックスから顔をのぞかせたおっちゃんと、自動券売機が登場。
おっちゃんにチケットを渡す。
なんとも大味な受付です。
田舎の湯治場のようだ。
露天はさほど広くはありません。
小型銭湯、といった趣。
設備的にもなんら特殊なわけではなく、石畳に檜風呂風の浅風呂がでん、とあるだけ。
泉質は単純硫化水素泉。
肌にしっとりとした感触はありますが、目立って効果を実感、というほどのことはなし。
とりあえず寒いです。
さすが鞍馬、4月だというのに外気が肌を刺すようだ。
外で体を洗っていると風邪を引きそうなので、こじんまりと併設された内風呂に退避。
湯温は41℃ぐらいで私にはちょっとぬるい。
15分ぐらい漬かっていたがあまり温まらず。
さて、これで1000円、いかがなものか、と。
あちこち評判を見ていると、露天風呂から望む鞍馬山の鬱蒼たる山並みがすばらしい、とあるが、私は夜間に行ったので山並みどころか、単に暗やみである。
多分本館と露天、両方満喫してのくらま温泉なんだろうなあ、ということは想像できる。
そもそも露天だけで楽しもうというのが間違ってるのだろうけど、街中のスーパー銭湯でも気軽に温泉を楽しめるようになった昨今、ロケーションと温泉だけで1000円はかなり強気だ、と思う次第。
あと、なぜなのか知りませんが、こちら、世界的に有名な温泉のひとつだそうです。
海外からのお客さんも多いとか。
私が入浴しているときも外国人が2人いた。
1日かけてゆっくりと2500円コースを満喫が多分正解。
ある程度予想はしていましたが、気軽にひとっ風呂、という所ではないように感じました。
   


本館


露天浴室入り口

 2013.4入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

アレッポの石鹸 ノーマル【2個】 200g×2個 (顔・全身などに使える石鹸)【RCP】【RCP1209mara】【楽ギフ_包装】【b-sen】

価格:1,050円
(2012/12/10 18:31時点)
感想(699件)

【レビューで5%OFF♪】【送料無料】『高級日光桧 匠の小判桶』/プレゼント/贈り物/タオル/バス用品/風呂桶 木製 ふろおけ 湯おけ 誕生日 おしゃれ ヒノキ ひのき 母の日 父の日 こどもの日 子供の日 新生活 可愛い キュート

価格:21,000円
(2012/12/10 18:39時点)
感想(0件)

inserted by FC2 system