雲母湯
左京区一乗寺西浦畑町53


より大きな地図で 雲母湯 を表示
15:30〜24:00 
無休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場なし
 410円(サウナ込み)

野放図な昭和感+現代的サウナルーム

長い間京都に住んでますが、生まれて初めて通った道でした。
曼殊院道。
というか、このような道があるとは知らなんだ。
近くは何度も通ったことがあるのに、一本はずれると全然知らない場所で、見知らぬ風景、これまた銭湯めぐりの醍醐味だなあ、と。
余談ですが、曼殊院って、幽霊画の掛け軸で有名なところだったはず。
霧雨そぼ降る夜遅く、そんなことを思い出しながら、うろうろ風呂屋を探すのは微妙に背筋が寒かったりもするもんです。
だって、店とか何もないし暗いんですよ、このあたりって。
東側はほとんど山だし。
全然関係ない話ですな、すいません。
ここの銭湯で辛いのは、やはり駐車場がない、近隣にコインパーキングもない、という点。
コインパーキングは白川通りまで行かないと存在しません。
常連さんはお店の前に車を停めてはいっていかれますが、暖簾をくぐると「店の前に車を停めないで」との張り紙が3枚もあり、さすがにこれを無視できるほど、私、根性は座っておりません。
白川通りまで車を停めにいって、坂道に息をきらしながらなんとか暖簾をくぐる。
おお、広い。
脱衣所も浴室も想像以上の広さ。
大型銭湯、といってもいいかもしれません。
洗い場のスペースがせせこましくないのがこれまた良し。
突き当たりにサウナがあるんですが、これが何故かアーチで飾られた別スペースに。
多分あとからの増築でしょうな。
入り口横の小型の湯船が、中途半端な温度の不思議な存在になってる理由がそれで納得できます。
もともとはこれが水風呂だったのではないか、と。
え、最初から薬湯ですけど、といわれるかもしれませんが、何の表記もないしお湯の色も透明に見えるので判別つかず。
結構繁盛してましたが、広いのでゆったり。
しかしここの常連さんはみなさんなかなかワイルド。
使わない椅子や桶はキックで所定の位置に返却、お湯は仁王立ちで頭からかぶる等、この広さがあってこそだなあ、と思える所業の数々。
個人的には湯船のお湯の温度が高かったのがいい感じ。
たぶんこれ、43〜44℃位はあるように思います。
オーバーフロー気味なのもよし。
ちなみにお店の屋号ですが、これ、きららゆ、と読むらしいです。
なんだか少女趣味ですが、中味は真反対かも。
野放図な感じが魅力、といえる一店でしょうな。
ああ、あと湯船に使われているお湯はふろふろ太郎なる入浴剤が使われているようです。
なんだそれ。
ケレン味たっぷり。
気に入った。
   


 2012.7入浴

約10ヶ月ぶりぐらいの入浴。
全然変わっておりません。
唯一おや?と思ったのは薬湯と思しき湯船の水位が何故か半分になっていたこと。
故障?
それとも宝湯方式?

2013.5入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system