衣笠温泉
北区大将軍一条町50


より大きな地図で 衣笠温泉 を表示
14:00〜24:30 
金曜日定休
大型銭湯  
フロント式 
 駐車場あり
 410円(サウナ込み)







ほとんどアミューズメントスパ状態。多様性に圧倒される。

20年ぐらい前になると思うのですが、一度だけ入浴したことがあります。
以降一切入浴したことがなし。
というのも当時、番台に座っていたばあさんと、ささいなことから大喧嘩になり「二度と来るか!」とフルチンで吐き捨てたから、だったりするのですが、いや、あの時は本当にすいませんでした。
後から思い返すとどう考えても自分が悪いんですが、なにぶん若かったもので命令口調でとげとげしい言い方をされたもので、頭に血が上ってしまったんですな。
ああ若いってのは嫌だ。
ひょっとしてあの時のばばあ、いや、失礼、おばあさまはまだご健在なのだろうか、とドキドキしながらの再来訪だったのですが、フロントに居たのは知らない人でした。
胸をなでおろす私。
向こうも20年前のこといちいち覚えてないって、とは思うのですがね。
浴室のドアを開けてびっくり。
きれいに全改装。
そりゃ20年もたてばあれこれ変わりますわな。
中央に位置する円形の湯船がまず目をひきますが、左側にもずらりと趣向を凝らした湯船の数々が。
強い、と弱いの2種類がある電気風呂は初めて見ました。
スクリュー風呂も珍しい感じ。
あ、紫野温泉にあったか。
水風呂の奥にしつらえられた巨大な水車のオブジェはいったい何を意味しているのか。
時々回るんですよね、これ。
何かに連動しているのだとしたら金がかかってるなあ、と思う。
水風呂にジェット式の打たせ水があるのもいい感じ。
肩に冷水が突き刺さります。
さらにここの水風呂、かなり冷たいです。
玉がしびれる。
冷凍サウナといい、「冷」がここのキーワードか。
その冷凍サウナ、私が入ったときは2℃でした。
一応座れるようにはなっているんですけど、こんなとこに座ってうつらうつらしだしたら生きて帰ってこれなくなる、と仁王立ちで堪能。
正直あんまり気持ちのいいものでもないです。
真夏の飲食店で、通風口のまん前に案内されて、どんどん汗が引いていった挙句、ちょっとクーラー効きすぎてるからとめて〜、といいたくなる感じ。
例えが長いわ。
まあ、飛び道具で話題づくりですよね。
でもそれを実際にやってしまうのには感心しますが。
冷凍サウナの後は隣に設置された檜風呂で一息。
4Fの露天風呂も塩風呂仕様と手がこんでます。
私が一番気に入ったのは別室に設けられた人工ラドン温泉。
密閉された空間で真っ青なぬるめのお湯がじわじわ体に染み入るようです。
いつまでもはいれる。
本来ラドン浴は閉鎖された空間で効能を発揮するものだから、まさにこれは正しい入浴法である、といえます。
しかしまあ、ここまでやられたらもうぐうの音も出ませんな。
ほとんど風呂のアミューズメントパーク状態。
1時間半ぐらいは居たか。
中途半端なスーパー銭湯へ行くぐらいなら、間違いなくこちらの銭湯に行った方がいいです。
工夫と多様性、遊び心があります。
繁盛してるのも納得の一店。
お湯はややぬるめ。
   


 2012.8入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system