亀の湯
上京区福島町386


より大きな地図で 亀の湯 を表示
16:00〜22:00 
月曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場なし
(近隣コインパーキングあり)
 410円(サウナ込み)

ふろふろ太郎見参

脱衣所は相当年季がはいってます。
なぜかロッカーの前にどーん、とぶら下がり健康機が。
まあ、要するに雑然、ということなのですが。
浴室も部分的に改装されてはいますが、色濃く昭和。
とりあえず、サウナが異様にぬるいし、匂ったのですが、これは閉店前に行ったものだから、もう、火を落としていた、ということなのでしょうか。
わかりません。
水風呂のタイルがあまり見たことのないタイプ。
昭和の家屋の洗面所で良く使われていたような感じ。
これ、相当年月の研鑽を経ています。
ま、浅風呂、深風呂もそうなんですけど。
正直老朽化の影は色濃い。
目に付いたのはふろふろ太郎の看板。
市内で発見したのは雲母湯に次いで2軒目です。
おお、そういわれれば深風呂の底になにか沈んでる。
じっくり堪能。
しかし千本通りに面した目立つ場所にありながら22時閉店って、欲がないというか、マイペースというか。
きれいに全改装して派手にやれば人も集まる、と思うのですが、別にいいみたいですね。
9時半にはもう誰も居ず、番台のばあちゃんに「ちゃんと時間通りあがってや」と釘を刺されました。
多分このばあちゃんの代で閉める、ということなんだろうなあ、と。
怒られないようにそそくさと店をあとにしたわけですが、さすがふろふろ太郎、短時間の入浴で意外に体が温まってて驚いた。
   


 2012.10入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system