百万石温泉
高槻市芝生町2-9-1


より大きな地図で 百万石温泉 を表示
15:00〜23:30
無休
中型銭湯
番台式
 駐車場なし
 410円(サウナ込み)

昔ながらに普通に快適

さて何故かこのあたりは4軒ほど銭湯が密集しているのですが、そのうちの1軒がこちら。
ごく近隣に福徳温泉、自転車があれば湯の華温泉、摂津温泉へもらくらく行けます。
近隣に駐車場が全く見当たらないのがつらいところですが、東側に府営住宅があり、付近の道路は路駐しても大丈夫っぽいです。
駐車禁止の標識がないのだからいいということだと思います。
責任はもてませんが。
路地でひっそりと営業、といった雰囲気ですが、店内もちょっと薄暗い印象。
昭和が漂います。
ただ広さはあるので、閉塞感はありません。
浴室も昭和の改装、といった按配で、ところどころに補修の後が。
しかしそれが老朽化を印象付けるまでには至らず。
浴室入り口を開けると2段がまえの大仰な湯だめがあるのですが、本来ここになにかを置くはずだったのでは、という部分に何も置かれていないのでなんだか拍子抜け。
これはいったいどうしたかったのか。
浴室のレイアウトは高槻らしいなあ、と思わせておきながら微妙に独自性を匂わせる感じ。
とりあえず、なぜここに水風呂?とは思いました。
奥の壁には風車が描かれたタイル絵が。
私が好感を持ったのはサウナで、こういっちゃ失礼なんですが、似つかわしくなくスノコが新品なんですね。
実に気持ちがよろしい。
ただ、針の先ほどに飛び上がるほど熱い箇所がところどころあって、こりゃいったいなんなんだ?とじっくり観察したら、なんとスノコに打ち付けられている釘の頭が恐ろしく熱を持っているんですな。
なぜにここの銭湯だけがこのような現象を引き起こしているのかはわかりません。
余所でも同じようなことが起こっていいはずなのに、少なくとも私は初体験。
釘の目をよく見て座りましょう。
湯船ごとに温度差があるのも良し。
深風呂はきっちり43℃はあるか。
唯一気になったのはシャワーの勢いぐらいか。
いささか貧弱。
しかしまあ総合的に見てなかなか私好みの一店。
なぜかお客は入ってませんでしたが。
私の行った時間帯はほぼ貸し切り状態。
銭湯が密集しているせいか、御時世なのか、なんだか残念です。
どことなくうらぶれた雰囲気も人が入れば変わると思うのだが。
競合している状態から一歩先んじるためにはなにか起爆剤が必要かもしれない、とは思いました。
   


 2012.12入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system