ひかり温泉
高槻市春日町1-62


より大きな地図で ひかり温泉 を表示
16:00〜23:30
火曜日定休
中型銭湯  
フロント式 
 駐車場あり
 410円
(サウナ別途100円必要)

発想の置換が光る一店

表のネオンが銭湯らしくないロゴでなかなか派手です。
炭酸風呂に軟水風呂に打たせ湯、とな。
ぐっと期待させるものがあります。
脱衣所、浴室ともにどーんと広め。
しかし高槻の風呂はどこも広い。
どこも測ったかのように同規模の広さ。
レイアウトまでがよく似ているのが玉に瑕ですが、たぶんここも余所とそう変わらないのだろうなあ、と思って浴室のドアを開けてびっくり。
きれいに全改装。
高槻の銭湯で初めて全改装されているところに遭遇しました。
ひょっとして高槻の銭湯は昭和風の改装がスタンダードなのか、などと思いかけていたところでしたよ。
しかもタイルは暖色。
暖かみがあります
湯船の形も言葉で表現できない多角形だ。
なんだか未来派という単語が脳裏によぎる。
なんだそれ。
私が驚いたのは表の看板にもあった炭酸風呂に軟水風呂で、てっきり露天でも炭酸になってるのかしらと思いきや、なんと浅風呂がまんま炭酸風呂、深風呂が軟水風呂になっているんですな。
ああ、これは盲点だった、と思う次第。
何も主浴槽以外にもったいぶって変わり風呂を作る必要はなく、主浴槽をそのまま意味づけしてしまえばいいのだ、とした発想は意外にコロンブスの卵であったように思う。
それが証拠にどこもこんなことはやってない。
そうか、こういう手があったか、と感心。
え、私だけですか?
多分炭酸風呂は炭酸ガス風呂のことだと思うのですが、決して温度は高くはないものの異様に湯触りがよく、やたら暖まる。
軟水風呂もいわずもがな。
予想以上に快適。
水風呂の隣にある打たせ湯も広めの浴槽に囲い付きで周りを気にせず満喫できる。
気に入りました。
ああ近かったら確実に常連になるのに、と歯ぎしり。
サウナ代100円も気にならない独自性の脈打つ一店。
個人的には天然温泉に入浴した時と等しい満足度。
   


 2012.12入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system