橋本湯
八幡市橋本小金川36


より大きな地図で 橋本湯 を表示
16:00〜23:00 
月、第2火曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場あり
 410円
(サウナ別途150円必要)

八幡市唯一の銭湯

人口密度の問題なのか、土地柄なのかわかりませんが、八幡市に他に銭湯はなし。
昔はもう1軒あったみたいですが、閉店したようです。
樟葉あたりにあってもおかしくないのになあ、と思うのですが、これがないんですよね。
あ、樟葉は枚方市か。
銭湯空白地帯にぽつんと1軒だけ存在する感じ。
ちなみに車で行く場合、13号線をどこで降りるか間違えると、橋本湯の前の道が一通のため、もう一度13号線に戻ってやり直し、という非常に面倒くさい状況に追い込まれます。
最初から京阪橋本駅横の巨大駐車場を目指した方がいいかも。
外観は昔ながらの銭湯風。
しかしながら浴室には一切昭和の残り香はなく、きれいに改装されてました。
八幡市だから、といった地域性みたいなのは特になし。
私が行ったのはお盆の夜21時半ごろだったのですが、とりあえず店に誰もいない。
いや、客もいないんですけど、番台にオヤジもいない。
さてどうしたものか、と呆然と突っ立っていると、奥からどたどたと足音がしてご主人登場。
「サウナ使いたいんですが」
「え?サウナ?」
「ええサウナ」
「はいる?」
「はいります」
意味不明のくどいやり取りの後、料金を払ったのですが、別にサウナになにかがあったわけでもなし。
よくわからん。
夏にサウナを使う客は珍しいのだろうか。
そのまま私の帰る22時半頃までノーゲスト。
時期が悪かったのかもしれませんが、大丈夫なのか、この店、と心配になりました。
特に目立つなにかかがあるわけではありませんが、なにか足りないわけでもないし、設備はちゃんとしてて、問題は見当たらない。
なのにこんなにお客さんが入らないのはいったいどういうことか、と。
ま、他の日にも行ってみないことにはわかりませんが。
いや、普通にいい銭湯なんですよ。
ちなみにこちら、脱衣籠がありません。
そこがちょっと大阪風か。
お湯はややぬるめ。
水風呂はかなり冷たいです。
これは枚方的か。
ジェット式の打たせ水がありますが、飛び散るのを考慮してか、あまり勢いがなく、普通に水を浴びているのと同じ。
肩に突き刺さって欲しかったよ。
   


 2012.8入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system