軍人湯
伏見区深草極楽町


より大きな地図で 軍人湯 を表示
16:00〜23:00
水曜日定休
小型銭湯  
番台式 
 駐車場あり
 脱衣所禁煙
 410円
(サウナ別途110円必要)

きれいに改装された街の銭湯

暖簾をくぐって、番台で料金を払おうとすると突然、
「まずは貴様の所属と階級を述べよ!」
と番台の上から軍服を着た男性が一喝。
全く予想もしていなかった展開に、
「え、いやあのその所属って」
と、あたふたしていると、
「ええい、はっきりせん奴だな貴様、さては民間人か。民間人の入浴は15分以内。洗髪は不可だ。くれぐれもお国のために今日も清潔を心がける帝国軍人の邪魔をせぬようにな。すでに上等兵殿が数人はいっておられる。石鹸はいるのか?」
「は、いや、洗髪不可って、その」
「石鹸はいるのか、と聞いておる。」
「いや、石鹸はあるのですけど、その15分とか、その」
「さっきから貴様は何をぶつぶつ言っておるのか!はいるのかはいらぬのか!」
「いやその、そりゃはいりたいんですけどあの」
「・・・・さては貴様、アカのスパイだな・・・何を探りに来たのか知らんが、軍人湯にきたのが運の尽き、そこを動くな、陸軍秘密警察に連行してくれる!」
「わっ」
なんだかわからんが危険そうなので、洗面器を抱えほうほうの体で表に飛び出す。
後ろから警棒を片手に追いかけてくるオヤジ。
一体自分の身の上に何が起こったのか。
夜の直違橋通り商店街にオヤジの罵声と足音が響き渡る、・・・・ってもちろん全部嘘です。
しかし軍人湯って凄い屋号だ。
そういう妄想も膨らもうというもの。
え、膨らみませんか。
実際はまだお若そうな女将さんがにっこり迎えてくださいました。
浴室内はきれいに改装。
狭いスペースを何とか有効に活用しようと工夫されてます。
特にこちらの複合浴槽はなかなか珍しい形だと思います。
しいていうなら御所の湯風か。
水風呂の周りの竹垣細工もちょっとワンポイントですな。
シャワーブースまであるのにも感心。
京都市内の銭湯なのにもかかわらず、向島方面と同じくなぜかサウナ料金が発生するのが残念ですが、清潔感があっていい銭湯だと思います。
車は店の前に停められます。
   


 2012.10入浴

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system