2014年3月、閉店しました

蛭子湯
中京区壬生下溝町


より大きな地図で 蛭子湯 を表示
14:30〜25:00 
火曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場なし
 410円(サウナ込み)

水風呂かけ流しオーバーフローにおおはしゃぎ

人との付き合いでもそうですが、なんだかこう理由もなく肌が合う、肌が合わない、ってのがあるかと思います。
なんだこの書き出し。
大丈夫です、自己啓発とかじゃないから。
えー、私の場合、銭湯にもそれは言えていて、設備も完璧、しかもきれいなのになんだか好きになれない、いや、理屈じゃないんです、というケースがままあったりする。
もちろんそんなことこのサイトでは書きませんけどね。
感覚的に嫌、なんて営業妨害以外のなにものでもないですから。
やんわりと、私情を表に出さずに客観的な見立てだけでお茶を濁すわけです。
勘の鋭い人はああ、あれか、と気づかれるかもしれません。
前置きが長くなりました。
で、蛭子湯ですが、暖簾をくぐったとたん、もう無条件で、ああここなんだか凄い好き、と思ったんですね。
前置きと真逆だったわけですな。
浴室も何も見てないですから、全く直感のみ。
理由もなく肌が合う感じ。
こういうことって滅多にない。
説明できません。
なにやらうきうきしてたのだけは確か。
しかしながらその直感が見事に当たった、とほくそえんだのは1時間後の湯上りの私だったりします。
予知?
とりあえず浴室はきれいに改装されていて、現代的。
オーバーフローする水風呂が目をひきます。
実際に入ってみると上部に取り付けられた吸水口が閉じられており、ほぼかけ流しであることが判明。
これはうれしい。
まあみんなドボンドボン飛び込むこと飛び込むこと。
そのたびに、どざあ、と冷水が洗い場の足元に。
いや、楽しいです。
普段ならむかっ、とくるところですが、かけ流しにテンションがあがるのはよくわかるからなあ。
湯船は左京区の東雲湯風のレイアウト。
深風呂がじっくり熱い。
温度にメリハリがあって実に素晴らしい。
浴室が正方形に近いのも珍しいように思います。
普通は大体長方形ですしね。
過不足ない設備で、かけ流しの水風呂に、熱い深風呂、もう一切文句なしです。
ちょっと場所がわかりにくいですが、この規模ではトップクラスの一店だと思います。
いやーしかし己の直感もかなり磨かれてきたかな、と。
でもあんまりそこを突き詰めるとじゃあ直感で嫌いなところはどうなるんだ、という話になり、ちょっと困るのですが。
ちなみに脱衣籠は手渡ししてくれます。
恐縮しますな。
いささか近隣のコインパーキングまで遠いのが唯一難か。
   




蛭子湯の近所のコインパーキングにいた猫。
車を停めたいんですがどいてもらえませんか、と。

 2012.7入浴

10ヶ月ぶりの入浴。
相変わらず活気があって実に結構。
男湯に若奥さん、女湯に女将さん、というポジショニングがこちらの定配置のようです。 
若奥さんの接客が常ににこやかで素晴らしい。

 2013.4入浴

 

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system