大黒湯
東山区山城町


より大きな地図で 大黒湯 を表示
15:15〜25:00
火曜日定休
中型銭湯  
番台式 
 駐車場なし
(近隣コインパーキングあり)
 410円(サウナ込み)

京都市最強の熱湯風呂

東山区には2軒大黒湯がありますが、こちらは五条通りから一本北の路地にある店。
昔ながらの銭湯、といった雰囲気ですが、うらぶれた感じはなく、明るい印象。
お客さんもそれなりに入ってます。
浴室の壁の白タイルがいかにも昭和ですが、部分的な改装、メンテナンスが行き届いているのか、清潔感があり、あまり老朽化した印象はうけません。
目をひくのはやはり真正面にあるタイル絵か。
どこをモチーフにした絵なのかわかりませんが、雪山と湖、手前が滝になってます。
設備は一通り完備。
浴室に奥行があるので手狭な印象は受けません。
まあでもここの最大の特徴はやはり深風呂でしょうな。
思い切って一気に肩まで漬かることをオススメします。
絶対びっくりするから。
私は知らずにざぶん、と漬かって、バネ仕掛けのおもちゃのようにすぐ反射的に湯船から飛び出して、あわてて水風呂に漬かった。
いや、火傷した、と思ったのよ。
熱湯。
ほとんど罰ゲームの世界。
いったい何度あるんだ、これ、と。
多分市内最強だと思う。
体感45〜46℃はあるのではないか。
さすがに熱湯風呂好きの私もこれは熱い、と思った。
まあ、常日頃風呂がぬるいと嘆いている立場上、ここで負けるわけには行かぬ、と後で再びチャレンジしましたけどね。
3分を超えたぐらいで脳が割れるかと思った。
浅風呂も普通に熱い。
多分43〜44℃ぐらい。
ああまだこんな店があったんだなあ、と。
熱い風呂好きにはたまらない一店。
実は銭湯とはリラクゼーションではなくもっとスポーツライクな何か、ではないのか、などと思ったりもした。
ぬるい風呂にイライラし出してきたらまた来ます。
   


 2012.11入浴

 

20時半から京都の銭湯を巡る

inserted by FC2 system