20時半から京都銭湯

・・・そして大阪と滋賀と奈良と三重も少し巡る




<消費増税のあおりをうけ、2014年公衆浴場の入浴料金が改定されました>

京都府 410円→430円
大阪府 410円→440円
奈良県 400円→420円
滋賀県 400円→430円


サイト内、各ページの入浴料金は訂正されてません。
ご注意ください。

独自の料金設定を貫く銭湯もあるようです。
情報、お寄せいただければ幸いです。

 スマホはこちらからどうぞ 


 銭湯案内
 市内銭湯地図
 特徴別銭湯一覧
 今日も小銭を用意して
 銭湯の何が良いのか
 メール
 
 
このサイトをブックマーク



リンク
 お風呂屋さん的京都案内 
 日本全国銭湯紀行
 喜楽的銭湯楽園生活
 温泉に行こう
 KAKUKAKU温泉
 全国見渡し案内
 京都府浴場組合
 
これまで銭湯に行ったことがない、あまりなじみがない、という人を銭湯へ誘うためのサイトです。
守備範囲を図にするとこんな感じ。



京都府は
京都市を中心に宇治市、向日市、城陽市、亀岡市、南丹市、八幡市、相楽郡。

滋賀県は
大津市、草津市、守山市、甲賀市、湖南市、東近江市、高島市。

大阪府は
主に北摂、と北河内。
枚方市、高槻市、茨木市、寝屋川市、摂津市、門真市、四条畷市、守口市、大東市、三島郡。

他に、ちょっと距離がありすぎてとても20時半から巡ることなどできず、完全にテリトリー外ではあるんですが

三重県伊賀市。

奈良県奈良市、生駒市の銭湯も来訪しています。

街の銭湯、スーパー銭湯、日帰り入浴可能な温泉施設を対象としています。
現在、少しづつ行動範囲が拡大中。


さて銭湯ファンにとっては周知の事実ですが、年々街の銭湯の数は減っていっています。
相次ぐ閉店が止まらない状態。
2000年頃には約250件ぐらいあった京都市内の銭湯が、現在は約150件程度しかありません。
閉店した銭湯の中には私がかつてよく通っていた店もありました。
なぜこんなにきれいに改装されてる銭湯が閉店に、というケースもあります。
私はなんとかその流れに歯止めをかけたい。
個人でどれほどのことができるのだ、という話ではあるのですが、このまま傍観を決め込むのはあまりに忍びない。
せめてこのサイトが閉店を抑止する一助になれば、と考えています。
素人が各店の感想をつらつらと書き連ねただけの内容ですが、このサイトを見て、少しでも銭湯に足を運んでみよう、という気になってもらえれば幸いです。

サイト閲覧にあたって

当サイトのタイトルについてですが、なぜ20時半からか、というと私が食事を終えて一息つくのが大抵それぐらいの時間だからです。
私は銭湯をリラクゼーションと快眠のためのツール、と考えているので基本入浴は夜です。
昼間はまず、入浴することはありません。
なので本文で書かれていることは大抵が21時〜23時台の入浴記、ということになります。
また、当サイトの内容は全て、入浴した年月日に基づいて書かれています。
なにぶん銭湯はほとんどが個人でやっておられるので、予告なしに、営業時間や、休業日、はてはその内装、設備に至るまで、唐突に改変、なんてことがままあります。
私が入浴した数日後には全部変わってた、などということもありえない話ではありません。
自分で気づいた分に関しては修正していますが、万全たりえるはずがありません。
ですので、データに全幅の信頼を寄せずに実際に自分の目で確かめてみてください。

あくまでガイドライン的なもの、ととらえていただければよいかと思います。
特に営業時間ですが、年々短縮の傾向にあります。
私と同じように夜に銭湯へ行く人は、閉店時間を30分ほどサバを読んで出かけた方が安全でしょう。

紹介している銭湯について

@公営の銭湯については基本、除外しています
繁盛してようが閑古鳥が鳴いてようが営業の存続、閉店はお上の判断だからです。
あれこれ書きがいがありません。
また、A入浴するのに部屋の予約が必要、ないしは食事とセット等別に料金が発生する、営業時間が夕刻まで等、気ままにぶらりと立ち寄れないところも除外しています(いわゆる温泉旅館)
また、京都府長岡京市、乙訓郡、久世郡、綴喜郡、京田辺市、木津川市、大阪府交野市に個人で営業されてる銭湯、ないしはスーパー銭湯は発見できませんでした。

なぜこのサイトを立ち上げたか

さて、すでに京都の銭湯を紹介したサイトは数多く存在します。
そんな中、なぜ今頃になって新規立ち上げなのか、と問われると、こぼれおちているものがあるから、としか言いようがありません。
いや、何もこぼれおちてはいないのかもしれません。
私がそう感じているだけかもしれません。
誰もそこのところを補完してくれないので、じゃあ仕方がない、自分でやるか、と思ったのが本音です。
こぼれているものを拾い集められたかどうかはわかりません。
かえってグダグダになっているかも。
そこのところの判断は見てくれている人にお任せします。
ちなみに組合のホームページが接続できない現在、お風呂屋さん的京都案内を大きく参考にさせていただきました。
深く謝意を表します。

メールしていただけると助かります

掲示板は管理できないので設けておりません。
当サイトの内容に間違い、苦情等ありましたらメールしていただけるようお願いします。
また、公開しているデータに変更、または新規出店等、教えていただけると助かります。



<初めて銭湯に行く人のための銭湯Q&A>


Q 料金はどこも同じですか?
A 銭湯組合に加盟している銭湯は2012年現在、一律410円ですが、組合に加盟していない銭湯はその限りではありません。390円なんてところもあります。もちろんスーパー銭湯は店ごとに違います。

Q なにか作法のようなものはありますか?
A なにもありません。番台で料金を払えば後は自由です。ただ最低限のマナーは守りましょう。

Q 衛生上の問題はありませんか?
A わたしはかれこれ20年以上銭湯に入り続けていますが、銭湯が原因と思われる病気にかかったことは一度もありません。銭湯のお湯は塩素で殺菌されています。店によっては一度高温にしてから湯船に提供したり、循環濾過殺菌装置を備え付けたりなど、それぞれ衛生面は徹底されてます。安心してください。

Q 手ぶらで行っても大丈夫ですか
A 基本、安価でシャンプーや石鹸は買えますし、タオルも借りれますが、組合加盟の銭湯の場合、スーパー銭湯のように無料で備え付け、というところは少ないです。

Q 12時まで営業の場合、12時にあがれば大丈夫ですか?
A 駄目です。時間にゆるいところもありますが、12時までなら11時50分には店を出る、ぐらいのつもりで入浴した方が無難です。

Q 背中に絵の人にからまれたりしませんか
A 私の20年に及ぶ入浴歴で、からまれた記憶は一度もありません。トラブルになったことも一度もなし。そりゃマナーの悪い背中に絵の人はいます。でもそれは背中に絵の人に限らないわけで、むしろ群れた学生とかの方がタチが悪かったりする。銭湯ではノーサイドです。いちいち彫り物云々気にする必要はありません。

<初めて銭湯に行く人のための銭湯のマナー>

1 湯船に漬かるときは最低でも前ぐらいはお湯で流してから漬かること。個人的にはさらにもう1歩推し進めて体を洗ってからはいって欲しいところです。体を洗わずにはいることに寛容なのは実は関西だけです。
2 髪染め、洗濯は不可。
3 湯船にタオルをつけない。
4 泳いだりさわいだりしない。
5 脱衣所で濡れたままうろつかない。 

 
inserted by FC2 system